DA: Design Association

designboom

designboomについて

2011/08/05 建築

Maison Martin Margielaがディレクションを担当したホテルMaison Champs-Elysées

パリのHotel Maison Champs-Elyséesからの依頼でフランスのファッションブランドMaison Martin Margielaがディレクションした歴史的建物のインテリアが新しく生まれ変わった。

couloir argent 銀白のクーロワール
全ての掲載写真はMaison Champs-ElyséesとMaison Martin Margielaの好意により借用

パリのHotel Maison Champs-Elyséesからの依頼でフランスのファッションブランドMaison Martin Margielaがディレクションした歴史的建物のインテリアが新しく生まれ変わりました。先月オープンしたこの5つ星ホテルは光の都市の中心にある歴史的なMaison de Centraliensの中に位置し、57室、ジュニアスイートが5室、スイートが6室をもちます。Rue Jean Goujon8番地の建造物はフレンチ・メゾンの本質の実を結びます。

La Maison Champs-Elyséesは宿泊客が何をホテルに期待しているのか、また彼らにどのような新しいライフスタイルの経験をもたらすのかを再定義し、豊富なディテールが満ちあふれながらもシンプルさを重視したデザインを目指しました。ここで新しい空間デザインのディテールがいくつか紹介しましょう。

古典的なフランス建築を語る白と黒の壁紙で壁の一部が覆われている

サロン・ブラン

ロビー

レセプションへの扉
これは銀白のクーロワールを作成している最中の様子

1864年にRivoliの公爵夫人でEsslingの王女、そして皇后Eugenieの家の大女主人が、このホテルの建っている辺りの土地を購入しました。そしてフランス人建築家Jules Pellechetの設計による正統な古典的パリ風スタイルのHaussmannienが1866年に完成しました。後の1919年にこの不動産はAssociation of Centraliensが、エコール・サントラル・パリの学友会活動を促進するために買収されました。1989年以来ホテルとして用途を拡大してきました。

「最初のパリでのホテルプロジェクトとして他会社を再解釈することができ、とても光栄に思います。現実とトロンプルイユ(だまし絵)がお互いに混ざり合う劇場のような雰囲気を作りました。過去と現在に反するアブノーマルな雰囲気が調和的に与えられながら、絡み合った引用を持ち合わせた様々な設定シーンが結果として生まれました。」Maison Martin Margielaより。

「絶えず新しいライフスタイルの経験を探し求めている我々の顧客に対して、今日ホテルの宿泊客として何を期待するであろうかを再定義したかったのです。Maison Martin Margielaと共に、最も高名なオートクチュール会社が全て集まるパリの一角に、目を見張るようなディテールと相性の良い形態の純粋性を持つ豪華でかつ落ち着いた場所を作ることを意図しています。」エクスクルーシブホテルMaison Champs-Elyséesの社長Bernadette Chevalier氏より。